外貨預金で一番大切な事は何でしょうか。金利や手数料、為替レートなどに注目することも確かに重要なことですが、 外貨預金で特に重要しされるのが、円を外貨に換えるタイミングです。長年、外貨預金や投資をしている人でも、このタイミングを 掴むことはそう簡単にできるわけではありません。このタイミングは外貨預金でも最も難しいところですが、その難しさも外貨預金の魅力 となっています。外貨を購入するには、円が高いと気が最適とされていますし、実際に外貨預金を行っている人は円高の時に 購入していますが、円がいつ高くなっていつ低くなるのかは、世界中誰も知ることはできません。欲を出してしまうと、 せっかくの円高の時を逃してしまう可能性も高く、タイミングを掴むことは容易ではありませんが、円高で購入し円安で交換するという方法は、 ひとつのタイミングを見計らう指標にしか過ぎません。ということは、最終的には自分の基準や判断で行うことが一番ということになりますから、 タイミングを逃さないためにも、自分の中である程度線を引いておくといいでしょう。欲を出し過ぎず、そして焦らないことも大切です。 考えすぎると余計に難しくなってしまいますから、インスピレーションを大切にすることも必要になるのかもしれませんね。